フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ相手に大健闘!しかし、それでも残る課題。
お久しぶりですねぇ~… いやー、あまりのサボり具合に、僕もビックリですわ。で、今回は今最も需要が高まっているといっていい日本代表ネタから、日本-ドイツ戦をお送りしたいと思います(いやー、早起きはツライね)。

日本はここに来て、海外組のときになっている4-4-2でなく、オーストラリア対策なのかは知りませんが3-5-2で挑みました(というか、いい加減どちらかに絞った方がいいと思うんですけどね)。そしてドイツは、代表の核であり、今大会でドイツ代表のカギといわれるバラックは怪我で欠場、という噂があったのですが、蓋を開けてみれば

GK:レーマン
DF:メツェルダー、メルテザッカー、シュナイダー、ヤンセン
MF:フリングス、バラック、ボロウスキ、シュバインシュタイガー
FW:ポドルスキ、クローゼ
とフルメンバーが揃いました。

対して日本代表は

GK:川口
DF:宮本、中澤、坪井
MF:福西、中田(英)、加地、三都主、中村
FW:柳沢、高原

とこちらも本番を見据えたベストメンバーであり、まさに(ドイツはホームで戦うこともあり)ガチンコ対決ということになりました。

まず前半は、序盤から両サイドを中心にドイツが日本陣内に攻め込んでいきます。守備に追われる時間が日本は長く続きますが、何度かカウンターからチャンスを作ります。しかし36分、日本は加地がドイツのシュバインシュタイガーの激しい後ろからのスライディングを受けて、負傷交代してしまいます(交代は駒野)。お互いに何度か決定的なチャンスを作るのですが、結局前半は0-0で折り返します。

そして後半、先制をしたのはなんと日本でした。12分、自陣コーナーキックからのボールを素早く前線に通すと、中村がトラップすると見せかけて後ろにいた柳沢にスルー、それに引っかかってしまったドイツDFはそのままワンタッチで柳沢にスルーパスを送られてしまい、そこに走りこんでいた高原が落ち着いてシュートを決め、日本が鮮やかな先制点をあげます(いやー、このゴールは気持ちよかったなぁ!)。

そしてこの一点を獲って、日本はどう動くのかな、と半ば不安な気持ちで見ていたのですが、なんとなんと、20分にはまたも高原が、ゴール前の巧みな切り替えしから相手DF二人を置き去りにして、(高原の前にボールが転がってきたのは運かもしれませんが、それでも決めた高原はエライ!)そのままゴール!この時点で2-0とします(ここで、日本の勝利を確信した人も多かったと思います)。しかし、そこはホスト国でありゲルマン魂(なんのこっちゃ)を持つドイツ、簡単には勝たせてくれませんでした。

30分、左サイドからのシュバインシュタイガーのFKから高いボールがゴール前に入ると、宮本のマークを振り切ったクローゼがダイレクトボレーで合わせて右隅に決めます。これでドイツが1点を返すと、35分には右サイドからシュナイダーのFKから柔らかいクロスボールを放り込むと、日本DFの裏から走り込んで来たシュバインシュタイガーがへディングシュート! 日本は、同点に追いつかれてしまいます。そのあと日本は前線の二人に代えて大黒、玉田を投入して、大黒は二度の決定機を引き出したのですがうまく活かしきれず、結局2-2の引き分けで試合を終えることとなりました。

しかしこの試合は、勝ちに等しい引き分けではないでしょうか(こんな言い方、ホントはイヤですけど)。加地を負傷させ(そもそもあんなプレーでカードが出ないのはおかしい(憤慨)。)再三に渡りラフプレーを仕掛けていたシュバインシュタイガーが1得点1アシストと引き分けの原動力となってしまったのは非常に悔しいですが、それでもボールを持った時の速さ、質の高さはこれまでの日本代表の試合の中でも非常にいいものとなりました

特に高原は、今年ブンデスリーガで結果を残せなかった鬱憤を爆発させるようなプレーを見せ、結果2ゴールにつながりました。そして久々の復帰となった柳沢も、高原の一点目をアシストするなど上々の出来を見せ、「これならW杯もなんとかなるかも」と思わせるできのFW陣だったと思います(途中出場ながら大黒もいい働きをしていました)。日本は、ゴールまで届くトライのチャンス、つまりそこまでの決定的なチャンスを多く作り出せば、そのうちから2点3点と、決められる確率も上がるのではないでしょうか。

そして雨の中でも(ウクライナ戦、ボスニア戦に続き)中田英寿が決定的な仕事が出来、頼りになること、中村のプレーが日本代表に大きなアクセントを加えるという長所も変わっていません(やはり今回は、この二人のチームといってもいいですね)。

しかし、課題という点から見ればやはり高さでしょうか。特にセットプレーからのハイボールへの対応は、やはり難しい部分もありますが欠点を露呈してしまったな、という感じです。オーストラリア、クロアチアもこれを見て「放り込み」を行なってくる可能性もあるので、もう一回、これは確認すべきですね。

そしてもう一つ、「ジーコのベンチワーク」も気になるところです。前線に大黒・玉田をいれて活性化させ、3点目を獲りに行くということは十分理解できるのですが、同時に「負けない采配」というか、そこのリスクマネジメントが今ひとつかな、とも思います。具体的には、疲れの見える中盤にFWの選手に代えて守備的な選手、例えば中田浩二をボランチに置いて、こぼれ球を確実に拾えるようにするとか。大黒の投入ももっと早くてよかったかな、とも思います。

本大会では「ベンチの選手の出来」というのも大きなポイントとなると思うので、勝っている時でも積極的に動くことは大事だと思うのですが。

最後になりますが、ラフプレーを受けて負傷退場した加地選手の具合が非常に気になります。代わりに出場した駒野がいい活躍をしたのでそこは収穫ですが、去年のコンフェデを経験していて安定したプレーの出来る加地は日本代表において必要不可欠な選手だと思うので、大事になっていないことを祈ります。

そんなわけで、「世界を相手にも互角のサッカーが披露できたこと」をプラス、「高さ」からの失点「選手をどの時間帯で動かすのか」という部分をマイナス要素として、今日はここらへんで〆とさせて頂きます。

それでは~

*感想などお持ちしております!
スポンサーサイト
日本代表決定!
いやぁ、とうとう発表されましたね、日本代表。それじゃあ一応、みなさん知ってると思いますけど報告を。

GK:川口、土肥、楢崎
DF:加地、駒野、中澤、宮本、坪井、田中、アレックス(三都主)、中田浩
MF:福西、稲本、中田英、小野、小笠原、遠藤、中村
FW:高原、大黒、柳沢、玉田、巻

で、みなさんもお分かりの通り、本当に当確だと思われていた(ジーコの序列でもトップだったはずの)久保に代わって、が入りましたね。これはマジで、驚きましたよ。(ここでの驚きは、巻が入ったことじゃなくて久保が落ちた事ですよ。)

うーん…、って感じですね。っていうかぶっちゃけた話、前回のW杯の時は本番はみなさんと盛り上がりましたけど、その前後とかはほとんどなんもわかんなくて、俊輔が外れても『特に…』みたいな感じだったんですよ。でも今回は、色々見たり、その前のこともほじくり出して調べたりしてるので、「あの日本を救ってくれた久保が…」って思うと、複雑ですね。それと、世界を相手にトップフォームを久保が取り戻したとして、どんなプレーを見せてくれるんだろ!、っていうワクワクも、結構ありましたし(うーん、心がモヤモヤ…)。

でもジーコも、よっぽど迷ったんでしょうね。やっぱり、柳沢、久保と体調に不安のある選手を二人(しかもFW)入れることには抵抗があったんでしょう。そんな時巻の激走やボールに喰らいつく姿勢を見て、「あ、こいつは世界でもしっかりやってくれるな」みたいな感じでの選出でしょうね、おそらく。

うーん、それにしても、松井のドリブルも見てみたかったなぁ…

まあ、結局は、どの選手が選ばれても落ちる選手はいるわけで、一番近くで見てきたジーコが選手が選んだわけですから、選手へのグチグチはやめて応援しましょうや!

じゃあ、みなさんもなにか思うことがあれば、コメントくださいね。

それでは~
W杯枠23人を考える
それでは、今日二回目となりますがいよいよ明日に迫ったW杯メンバーについて、僕なりに考えてみたいと思います。

では早速…

FW:高原、久保、大黒、柳沢
MF:中田英、中村、小野、小笠原、稲本、松井、遠藤、福西
DF:宮本、中澤、加地、三都主、駒野、坪井、田中誠、中田浩
GK:川口、楢崎、土肥

このメンバーが、おそらく驚きもなければ「?」もつかない、無難な(といっては失礼ですが)メンバーではないでしょうか。

まずFW陣ですが、キリンカップで2試合とも起用された(成績は残せなかったものの)玉田は入っておらず、またいわゆる『サプライズ』『土壇場での大逆転劇』を期待された巻と佐藤は入っていません(本当は入れたいけど)。これはやはり、ジーコのメンバー選考の基準である『序列』、『貢献度』を考えればどうしようもないのでしょうか…(時間は戻ってきませんからね)。ただ、この4人(プラス選ばれる可能性のある玉田)でコンスタントに試合に先発しているのはグルノーブルの大黒、そして(Jの)玉田で、そのうち最近ゴールを入れているのは大黒だけとなってしまいます… なんとも、お寒い状況ですね。

次に、MF陣ですが中田英、中村、小野、小笠原、稲本、福西の6人は『当確組み』となっており、遠藤と松井が滑り込む形となっています。この理由は、まず松井に関してはパサーの多い日本代表において『ドリブルで切り込む』ことを選択肢で持っている数少ない選手だからです。そして、ドリブルが増えればファールがもらえる。ファールがもらえれば日本の武器である中村俊輔のFKをもっと生かすことが出来ます。このW杯は、中村の出来がカギを握るといっても過言ではないですからね。

そして遠藤には、彼の持っている『バランサーとしての能力』について期待しています。例えば、コンフェで・ギリシャ船でのゴールは彼が投入された後に生まれたものですし、このキリンカップの2試合でも彼がピッチにいる時間にはいいパスが通っていました。他の選手からも、やりやすさという点で絶大な信頼があるようですし、もっと彼の適応能力は評価されていい気もします。

DF陣は、ほぼ予想通りのメンバーですね。村井の怪我により、中田浩二の代表入りはなお確実でしょう。

ということで、あとは明日の発表を待つのみです!




本当にこれでよかったのか?
それではいつもよりすこし遅れましたが、昨日行なわれたキリンカップ・日本-スコットランド戦についてお話させていただきます(長井秀和風)。

この試合、ジーコはみなさんも言っているのですが、「当落線上選手の見極め」ではなく「現在のベストメンバーでメンバー発表前の集大成」、そして3点差をつけて勝つという「キリンカップ優勝」に重点を置いてきました。

フォーメーションは国内組では珍しく4-4-2、GKにはもはやジーコJAPAN不動の守護神となった川口、最終ラインにはこれもおなじみの加地、宮本、中澤、三都主、ボランチには福西、小野、トップ下に遠藤、小笠原、そして注目のFW陣には怪我からの復活が期待される久保となんとしてもゴールの欲しい玉田が入りました。

そして前半は、スコットランドがこれでもかというくらいのベタ引きの試合運びをしてきたので日本のボールポゼッションが高まり、パスが良くつながる展開となるのですがなかなか相手ペナルティーエリアにまで進入することができません。結局前半は24分、加地の強烈な左足でのミドルシュート(ポスト直撃…)、30分には素早いパス交換から小笠原のミドルシュート、そして43分には三都主から玉田へのクサビのボール小野が受けて、そのまま相手DFを見事なフェイントでかわしてシュートを放つのですが相手GKの正面をつき(そのあとのこぼれ球に小笠原がサイドミドルを放つのですがサイドネット)ゴールを決められず。前半は0-0で折り返します。

そして後半、中澤が相手選手と交錯して退場してしまうという冷やりとさせるシーンがありました(中澤は無事なようです。交代は坪井)。その後には17分、ほとんどボールに絡めなかった久保に変わりを投入、28分には遠藤に代わって佐藤を投入して(おそらく)巻をトップとしてその下に佐藤、玉田という日本代表にしては珍しいワントップツーシャドウの3トップで点を獲りに行くのですが相手ゴールへは遠く、2回もらった直接FKのチャンスも三都主のキックが両方ともGKにはじかれてしまい、結局0-0で試合終了、日本は勝ち点1でキリンカップ最下位、スコットランドは勝ち点4で優勝を果たしました。

まずこの試合、ジーコが指揮を執る日本代表では最後の試合となり、またキリンカップの優勝もかかっている試合ということで本気で勝利を狙いに行ったのでしょう(メンバーもそれを表しています)。

しかし、2トップで起用された玉田と久保はともに決定的なチャンスが作れず、特に久保は動きが鈍く「このままW杯でジーコは起用するのか!?」という出来だったように思います。

しかしボールに絡めなかったFW陣にも言い分はあって、それはスコットランドがほとんど前に出てくることがなく、(おそらくですが)引き分けの勝ち点1で優勝を狙ってきたということです。そのために相手陣内で自由にボールを回せていた日本も相手ゴール前(30mくらい)では厳しいチェックにうまく対応できず、やけになって巻に目掛けてロングボールを放り込むという展開も多く見られました。

しかし、こういう展開はW杯でもあるのではないでしょうか。特に戦略家のオーストラリアのヒディング監督先制したらそのまま勝ち逃げ、ということをやってきそうな気もします。しかし、こういう展開でもうまく相手を崩して2点3点獲っていかないと、とてもじゃないけど世界とは戦えないと思います。具体的に言えばどこでスピードアップを図るのか、ということ。こういう決め事がなく、選手たちのコンディションとひらめき(特に中心である中田と中村)頼みのサッカーでは絶対に世界に対抗できません!

それともう一つ。昨日のこの季節では珍しい、寒い日に必死に選手たちに声援を送ったサポーターは、このジーコJAPANの最後の試合を見てどんな気持ちで家路についたでしょうか。この4年間、けっきょく成果が表に出てくるのはW杯での結果なのですが、果たしてジーコがいつも言っている、「そういえば日本代表監督にジーコという人がいたな」ではなく「これはジーコの遺産だ」という『置き土産』を日本は受けているのでしょうか……
スコットランド戦のテーマ
てなわけで今回はもはや恒例(!?)になったこの前日報告をチョイチョイと書いていきたいと思います~(そういえば、もうテストも近いなぁ~…

その前に、まず試合報告としてスコットランド-ブルガリア(見逃してましたが、こちらもちゃんと行なわれてるみたいですよ)はスコットランドがブルガリアを5-1圧勝のスコアで負かして、暫定1位に踊り出ました(一応やっときます、順位報告)。それで、日本がこのキリンカップで優勝するためには3点差以上をつけて勝たないといけないのですが、相手スコットランドもどうやらイキのいいストライカーがいるらしく、一筋縄では行かない様子です…(ただ、試合間隔が狭いということで若干メンバーを落としてくるでしょうが)

で、明日の日本-スコットランド戦ですが、どうやらフォーメーションは4-4-2、最終ラインにはおなじみに加地、宮本、中澤、三都主の4人、中盤には福西、遠藤、小野、小笠原(ジーコのイメージの中ではこの4人が流動的にポジションを代えていくようです)、そしてFWには久保玉田が入って、もう「テスト」というよりは「国内組のベストメンバーでどれだけ戦えるか」を重点に置いた戦いになるという事がこのメンバーから読み取れますね。

それにしても、今さらながら日本のFW陣は大丈夫でしょうか。もし玉田と久保が出場したとしても、この二人はJリーグでほとんど結果を残せていませんし、明らかに「ゴールへの嗅覚」と「勢い」が足りません。それに比べて控えの巻と佐藤は… これは、今さら僕が声を大にしていうことではありませんね。

まあ、明日は3点差をつけることでこのキリンカップ、モノにできるということなので、不安を一気に晴らしてくれるような試合を期待したいと思います。

それでは、今回はサクサクしておりますがこの辺で~
それでも、光の見えた敗戦
それでは早速、先程行なわれたキリンカップ・日本-ブルガリア戦の書いていきましょう。

ちなみにこの試合のフォーメーションは国内組の慣れ親しんだ3-5-2、FWには玉田(久保はアップもしていなかったので、結構具合が悪いのでしょうか)、トップ下に遠藤、サイドには加地村井、ボランチに福西阿部、そして最終ラインには中澤、宮本、田中誠が入りました。

そしてブルガリアボールで始まった前半一分、左サイドからM・ペトロフが大きなサイドチェンジで右サイドのスペースへ鋭いパスを通すと、ペナルティーエリア内に切り込んだY・トドロフが中澤をかわして早いクロスを出します。するとゴール前でS・トドロフが軽く合わせて、ゴール右隅にシュートを決めらレて、ブルガリアにいきなりの先制点を許してしまいます。

しかしそのあとに目が覚めたのか、日本は特に左サイドの村井を中心に相手陣内へ果敢に攻めていき、阿部のミドルシュート、玉田のポスト直撃シュートなど惜しい展開をいくつも作るのですが、結局点を獲ることができず後半へ進みます(左サイドでいい展開を作っていた村井が負傷退場してしまったのは残念でした)。

そして後半も日本が試合のペースをにぎって攻めていくものの、なかなか相手の最終ラインを崩すことができません。すると16分に、ジーコは福西、田中に代えて小笠原、小野を投入し4-4-2でさらに攻めの姿勢にでます。しかし小野、小笠原のパスでいい攻撃は見せるのですが、なかなか決めるところで決め切れません。そして32分、交代のために佐藤寿人がタッチラインまで来ていた時、もう一人の背番号30番FWの三都主のシュートに触れて同点ゴールを決めます。

その後は佐藤が期待通りの鋭い、ニアヘ走りこむ動きを見せるのですがなかなかチャンスが訪れません。そしてロスタイムに入った46分、ブルガリアの左サイドのFKからのロングボールに誰も触れられず、意表を付かれた川口があわてて反応するもののそのままゴールに突き刺さってしまい1-2とされてしまいます。結局、この点が決勝点となって日本はキリンカップの第一戦、勝ち点3どころか勝ち点1すら逃してしまいました…

しかし僕は、この敗戦をあまり悲観的には見ていません。まず今日の試合、非常にテンポよくパスがつながっていました。今までの代表はボールが回ってきてもボールを一回止めてから動かすので、なかなかスピーディーなボール捌きが見られませんでした。しかし今日は、大半のボールをワンタッチ、そしてパス&ゴーを行なって何度もロングボールで裏をとる動きが見られました。中田英寿「大切なのはパスをまわすことでなく、ショートパスとロングパスをバランスよく回すこと」といっていたのですが、今日の試合は理想どおりのパス回しができたのではないでしょうか

そしてもう一つは、前線からのプレッシャーです。やはり積極的にこれを行なったのはでしょうか。豊富な運動量で相手を追いまわして、パスミスを誘ったのが前半の猛攻につながったといってもいいでしょう。

そしてそして、なお驚いたのはブルガリアの予想以上のレベルの高さです。何となく、ヨーロッパの中堅チームという感じの印象だったのですが、素早いインターセプト、そしてカウンターには見るものがありましたし、いいチームだな、という印象でした。

そして、このチームと互角以上に戦えた日本の試合には評価していいでしょう。課題はやはり決定力でしょうか。しかし今日のようなパス回しを行なえたならチャンスは何度も作れますしあとはFW陣の奮起を待ちましょう!

それでは~
ブルガリア戦のテーマ
いよいよ、明日はキリンカップ・ブルガリア戦ですね。そのあともう1試合、スコットランドと13日に対戦して、そして15日には運命のメンバー発表と、この一週間(特に国内組の選手たち)には毎日が緊張(であろう)の、代表ウィークとなるでしょうね

てなわけで今回は恒例(!?)となった「ブルガリア戦のテーマ」について書きたいと思います。

その前に今回の試合、昨日(7日)にJリーグ中断前の最終節となった鹿島-浦和戦に出場した浦和の小野、長谷部、三都主、坪井はおそらく出場できず、また鹿島の小笠原、本山も出場できないようです。この中でレギュラーといえるのは小笠原(トップ下)、小野(ボランチ)三都主(左サイドバック)の三人です。

さっきスポーツニュース(ネットの)を見たところ、トップ下には本来ボランチである遠藤(ガンバ大阪)が入るようです。そして、そうするとボランチの枠がひとつ空くので、(おそらく出場するであろう)福西とペアを組むのは誰でしょうか。個人的には、明日の試合では日本代表の中でフリーキックを蹴っている小笠原、小野、三都主が一斉に出れないので、代表レベルで見ても最も精度の高いボールが蹴れる選手の一人である、阿部(ジェフ千葉)の抜擢も十分ありうると、思っていますが…

そして、ここに来て最も争いが激しくなってきているFW陣ですが、こちらは久保、玉田が先発出場するようです。…うーん…、と言った感じですね、僕は。確かに久保は2月の代表戦(4試合)でゴールも上げていますし、玉田はエクアドル戦でキレのあるドリブルを見せ相手ゴールを脅かしました。しかーし、ここ一ヶ月のJリーグを見たとき、久保は出場もままならないようで、ゴールの方も開幕戦以外はほぼ音なし、と言った感じのようです。また玉田に至っては、今年に入ってまだ1ゴールしか上げておらずにしかも代表でもここ一年ほど、彼のゴールシーンは見たことないような気がします

それに対して控えの佐藤寿人・巻はこの一ヶ月、Jリーグで獅子奮迅の働きといっていい活躍を見せ(特に佐藤は低迷する広島で一人、ゴールを連発しました!)、今日本人で最もノっているツートップ、といっていいでしょう。しかしそれを差し置いて出場する二人が、果たしてサポーターの満足する結果を残せるのでしょうか。多分、ゴール勘の鈍っている二人がチャンスをフイにし、後半FW陣が変わるといい攻めを見せだして、結局(エクアドル戦のように)終盤、点を入れて勝利という「ジーコジャパンの十八番」が出そうな気もするのですが…(もちろん、外れることを祈ってます)。

しかし、明日はレギュラー・控え選手あわせて6人が欠場するので、ここに来て絶好のアピールチャンスとなるでしょう。もちろん、選手のモチベーションも高いはず。引きこもった日本代表はなかなかチャンスが生まれませんが前を向いた時の日本代表は時として強豪をも驚かせる攻撃を披露することがあるので、そちらに期待したいと思います!

それでは、明日の代表に期待しましょう!

<追記>

一応、代表関連の記事を出しておきます

ジーコインタビュー

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200605/at00008943.html

選手コメント

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200605/at00008945.html

FWは久保と玉田

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=japansoccer&a=20060508-00000154-jij-spo

シェフチェンコ、靭帯損傷

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/preliminary/headlines/20060508/20060508-00000048-kyodo_sp-spo.html
亀田兄弟って…、強いよね?
いやー、さっきまでの亀田兄弟の試合見てましたが、なんか試合前からたいそう盛り上がってましたなぁ~。TBSのあおり方も、なんか社運賭けてるような取り組み方でしたし(5月5日は亀田DAY… フン、お前らに貴重な休日を譲るか!)。

それに、なんですか、あのアリーナの盛り上がり方は。試合に勝ったあとのインタビューなんて、端から見たらジャニーズがいるみたいですね。(YOU 歌っちゃうの~?←なぜかジャニーさん)

しかしまあ、試合内容も、なんだかなぁ(阿藤快)。まず、弟大毅は1ラウンド待たずにKOでしょ。うーん、強いことは強いんでしょうけど、相手のレベルはどうなの?ってききたいですね(そんなこと直に聞いたら、いきなりボディーにやられますけど)。

だって、あれでしょ。僕、格闘技は全体的に見ないんですけど、あんなに早く勝負がつく事、なかなか無いでしょ?

「やっぱり、今日はカラオケ歌わせとかんといかんな。」とでも思ったのでしょうか、協会側も。いやいや、別に僕が言ってるのは「亀田兄弟がそこまでの強さでもない」ってわけじゃなくて「相手が実はそんなに強くない」ってことじゃねぇのか!?、ってことなんですよ。

なんか二時間ほぼ丸々使って「亀田兄弟生い立ちヒストリー」みたいなのやってましたが、「そんなこと興味ないわい!」と思われた方もいると思います(そういう僕も)。

それに、「世界チャンピオンへの道」みたいなのが先行してて「今日の相手は○○な選手です」みたいなことはほとんどやらなかったんじゃないですか?

だからまあ、亀田兄弟が「本当に強い」というのは世界チャンピオンになってからにしましょうや

あ、でも別に僕、そんな嫌いってわけじゃないんですよ。やっぱり、こうなんというか、相撲が国技の日本から生まれた選手がボクシングで颯爽とやってる姿、なかなかいい絵じゃないですか

てなわけで、次はがっぷり四つな試合を期待してます

それでは~、この辺で~
最近の、僕のオンライン事情
先日も確か言ったと思うのですが、僕は最近、サブIDを作ってオンラインを楽しんでいます。これには、二つの意味を持たせています。
まず第一に、「もう一回自分の力を確かめてみたい」ということですね。これはどういうことかって言うと、前のIDの「bon-G101」は一番最初から使ってるので、弱い時期の成績も(今も強いってわけじゃないですけど、まあ置いといて)、半分くらいカウントされてるんですよ。

だから、とりあえずは「100試合で勝率50%越え」を目指してやっています(これ…… 結構デカイこといってますよ)。

ただ、もうオンライン終了のニュースが流れてからか(今は延期されたようですが)、最近は猛者との対戦が多いですね。今日なんかに試合やって、2試合ともうまい人に4点取られて、めっちゃへこんでます()。

それでもうひとつが、「ガイドメンバー以外のフレンド発掘」ということです。

これは、実は最初から考えていたわけじゃないんですよ。この間対戦した人と仲良くなったら(前の記事にも書いたと思うんですけど)、やっぱりこの世界、すこし病んでるんじゃないかとでも、これはどうしようもないですよね…、って感じだったんです

「それだったら、すこし考えを改めさせるキャラを作ったろやないか!」
ということで、色々して、振り向かせる工夫をしています。例えばデモコメントにもテレビの向こう側で笑ってるやろな、っていうギャグを織り交ぜたり、いろいろしているんです。ただ結果は…… 全然、かんばしくないですね()。これ、もう放置されると終了なんですよ「イタイ奴」になっちゃいますからね…

でも僕は、このコメントをやりつづけます。なぜかって、相手に笑ってほしいからですこれ…、結構マジですよ)。

まあ、全員が全員きれいなプレイヤーになったらそれはそれでおかしいのですが、仲良くなった人とはフレ登録してもらって、こっそりとこのブログの存在を教えて、まあ一杯やりましょうや……、見たいな感じです(どないやねん)。

それでは、今回はこの辺で~





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。