フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続けることについて
最近、ブログが減ってきとるなぁ…、って言うのは、前に書いた気もするんですけど(ま、自分が言える立場でもないですけど)。

やっぱり『続けること』って、すごいエネルギー食うんですよね。

しかも、続けるだけだとマンネリですぐ飽きるから、少しずつマイナーチェンジを繰り返していく。
これをやってる人は、「すげぇなぁ」って思いますね。(この世界に限らず)

僕も実は、今年の4月から日記を書いてるんですけど、これがやっぱりだるいなぁ…、って思う時も度々です。だから、起こった出来事だけじゃなくてその時の感情とか、その日思ったこととか、いろいろ加えて、なんとか自分をだましてるんですけどね。もう日々、自分との戦いみたいな感じで。

でもやっぱり、続けられるのは『好き』というか。興味あるから、見たいな事なんですよね。人生は一回しかないと思ってるので。

ただそういっても、「やっぱ人間って転生するもんなんかなぁ…」と思います。いや、なんとなく。この間ユーチューブで「松紳」見てたんですけど、紳助さんが「人間は転生する」理論を唱えてて。やっぱ徳を積んでる人は20回、30回と繰り返していると。それで、横入りしたりするあほなオバちゃんは、まだ5回目くらいで、はしゃいでるわけです。それで、もうしょうもない極悪人は、カブトムシとかになる、っていう感じです。まあ若干、紳助さんなりのユーモアはありますが。

で、ちょっと話が小道にそれましたけど、そういうことで、やっぱ続けてみることで発見はあるなぁと。僕も、このブログを書く時に、大体タイトルと書きたい事はスッと決まるんですけど。あとのエピソードとか例え話はもう、もう一人の自分任せというか。書いていく勢いですね。「おお、次はこう来たか」みたいな

まあ何かようわからん終着点ですけど、やっぱり続けることってすごいことだと思ってます。

「石の上にも三年」とか、「三日坊主」とか、続けることの難しさ・大切さを説いた諺とかもいっぱいありますからね。

うーん… まとめ切れない。まだまだ文才が足りんなぁ…


スポンサーサイト
大丈夫、オシム監督?
結局、オーストラリア戦での激闘の後、サウジアラビアにはあっさり敗退。いや、スコア的には3-2だったんですけど、僕にはなんとなく、「あっさり」感が残ってしまったんですよ。日本代表らしいやられ方やなぁ、っていう印象でしたね。

こう、セットプレー、カウンターとか、「やられるぞやられるぞ」で、結局そうなっちゃう、みたいな。

得点に関しても相変わらずセットプレーが多いですし、または高原頼み。いや、それも強い相手にはあんまり通用しないのはW杯で実践済みですし。もうちょっとなんかないんかぁ、って思います。

で、明日は韓国との3位決定戦なんですけど…

オシムジャパンになってから韓国とはまだ一度も対戦してませんし(いや、正確に言うと一回キャンセルされたらしいんですが

この試合、オシムは「メンバーを大幅に入れ替える」っていうのです。

うーん… いや、もちろんサブのメンバーも力ありますけど、それだったらグループリーグでももうちょっとスタメンいじってもよかったんじゃないかと。高原を休ませたり、俊輔の代わりに水野とか、太田とか新しい選手を使ってみたり。

やっぱり、海外組っていう意識を取っ払った今、確かにJリーグの選手に対して代表入りへの門は開かれたように思いますけど、出てる選手はあんまり変わってないわけで。呼んだら使ってみるっていうのが、代表の質をアップする鍵なんじゃないでしょうか。それで、固定して戦うオシム式に少しぼろが出てきたわけで。
これじゃ、ジーコの時とあんまり変わっていないような気がするんですよ。

やっぱり、新しい選手が呼ばれたときはファンもワクワクするし、その選手が活躍することで風穴が代表に空いていくわけじゃないですか。

佐藤寿人とか、水野、羽生も、確かに後半に出されたら嫌ですけど、やっぱり基本、サッカー選手は90分やって結果出してナンボじゃないですか。サッカー選手に『スーパーサブ』って言葉は、当てはまらないんじゃないかなぁ、と思うんです。

野球だったら、例えば大魔神佐々木とか、怪我を逆手に抑えで大活躍した例とかもありますけど、サッカーでホントに力あったらやっぱり頭から出るでしょう。

なんでまあ、とりあえず韓国戦でサブ組にがんばっていただいて、とりあえずもう一回、『序列』をシャッフルして欲しい。強いチームには必ず『新陳代謝』があります。強いチームになるために、もっともっと、試していい機会は多いはずです…

トシ、、、サッカー好きか? ~WE LOVE ウイイレ~ アジアカップ準々決勝 オーストラリア戦

アジアカップ準々決勝のオーストラリア戦、PKまでもつれてハラハラ。しかし川口がファインセーブ連発、高原は思いっきし吹かしたけど、先制されたあとすぐの同点弾に興奮させられたから帳消しでいいですなw最後は中澤がきっちり決めてくれたし、結果良ければ全て良し、ってなもんです

その他で印象的だったのはPK時、ロッカールームに下がったオシム監督。ロッカールームでTVを見つめるオシム監督のポーズ。なんか可...
トシ、、、サッカー好きか? ~WE LOVE ウイイレ~ アジアカップ準々決勝 オーストラリア戦


激闘は続く…
いやぁー、やりました日本代表!

みごと、オーストラリアを倒し準決勝進出(とは言っても、PKですけども

ホント、松木さんじゃないけど涙出ちゃうよ。

で、試合をざっと振り返ってみると…

まずスタメンは不動。グループリーグから薄々感じていたのですが、中盤の4人のうち俊輔、憲剛、遠藤はパサーで、いわゆる「水を運ぶ選手」ではないけど、大丈夫かなぁ… と思っていました。でも守備関しては、鈴木啓太を中心とした守りには安定感があり、十分な点数をつけられる内容ではないでしょうか。憲剛とビドゥカなんてまるで大人と子供だけど、横からするっと入ってクリア、何てこともあったし。

で、攻撃。やっぱりオージーのでかさには相当苦しめられたと思います。あの一点も、ほとんど高原の個人技ですし。ホントあいつら、一年に何枚オージービーフたいらげてんだって話ですよ。
でも、サイドからの攻撃はそこそこ機能していたと思います。ただ、機能はしていてもそればっかりだったので、相手には怖さはなかったかも。もう少し縦へのスルーパスとかミドルとか、バリエーションをつけてもいいと思います。オシムジャパンの選手には、憲剛がミドルをふかしてオシムにひどく叱責されたことが尾を引いているのでしょうか…

FWに関してなんですが、これからはよりいっそう高原へのマークがきつくなると思います。なんでペアを組む選手が頑張らんと。巻はこの試合でも結構よかったですよね。次も期待してます。
ただ寿人… 一回スルーパスから大チャンスがあったのですが、シュートミス… サンフレッチェでのストライカーぶりを知っているので、「どうしちゃったの?」って感じです。やっぱ代表には魔物がいるのか…

で、やっぱ中澤が一番気合が出てましたね。よっぽど悔しかったんでしょう、W杯。まあPKまでもつれたんで完璧に雪辱、とまでは行かないまでも、苦手意識みたいなのは払拭されたのではないのでしょうか。守備でもことごとく跳ね返してたし、攻撃参加も積極的で、効果的だった。コンビの阿部も、あのカタール戦以来堅実な守備を続けているので、守備には期待していいでしょう。

能活さんもすげえなぁ…頼りになりますわ、ホント。

てなわけで、日本、三連覇に向けて死角なし!?

p、s、 忘れてた。遠藤のPKいつもJで見てますけど、やっぱうまい。さすがヤットさん。
アジアカップのグループリーグを終えて。
いやー、何とか勝ち点7で一位通過ですね日本代表カタール戦でやられた時はどうなるかとも思いましたけど…(それにしてもカタールのセバスチャンのワンマンチームぶりはすごかったですね

カタール戦ではベストメンバーで望んで行ったにもかかわらず1-1。運の良かったジーコジャパンだったら苦しんででも勝ってたのかなー、なんて思ったりもしましたが、2,3試合目での修正ぶりは天晴れですね

とにかくグループリーグでけが人が出なかったのは良かったです。高原のワントップの時はハラハラして見てましたよ…

さてさて、決勝トーナメント初戦の相手は… 

あの、オージーこと豪州ことオーストラリア!

いやぁ、因縁深いですなぁ。

思えば一年前のW杯で勝ち点3を計算していたオーストラリアに惨敗した
あの屈辱… ここで晴らしたる!っていう意気込みだと思います、全国のサッカーファンは。まあ、フェアーな反豪感情ですわな(?)。

さてさて、それではオーストラリア戦の展望を少し…

おそらく中二日でのベトナム戦でもスタメンを変えてこなかったオシムなので、ここに来ての大幅な入れ替えは考えにくい。ただ、まあ僕が監督だったら、ずっと出場している阿部、鈴木啓太、憲剛あたりは変えるかもしれませんが。ただ、中沢とフィジカルで双璧をなすDFがいないのでね… そこがちょっと心配。(といっても、前回の対戦では坪井、宮本を加えた3バックでしたが)

なんで、ポイントとしては、中沢とペアを組むDFが誰なのか両サイドバックがクロスを防げるか。中盤では、俊輔を助けるために周りがどう動くか(個人的には遠藤に期待)。そしてFW陣は高原をいかに生かすか(相方と予想される巻が上り調子なのは)、ってところですね。

月並みですけど…

あとは、今までは出番のなかったサブたちの活躍に期待!

僕も含めて友達は、寿人が良い!っていう意見なんですけど、なぜか使われんなぁ…

ま、がんばって、オシムジャパン!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。