フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

ボン

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯第二日目・リポート
昨日は好ゲーム揃いのようでしたね。僕はイングランド-パラグアイの試合を見たので、その試合を中心にお伝えしていきたいと思います。

苦しかったイングランド。それでも勝ってしまう「凄み」

この試合、僕はジェラード、ランパード、ベッカム、ジョー・コールのカルッテトで送る「黄金の中盤」(これを見ると、日本ver.は超スモール版ですね)の共演を期待していたのですが、あまりうまく機能していなかったように思いました.確かにベッカムのFKは決勝点につながった鋭いクロス(ベッカムのゴールになる可能性もあるようです)で素晴らしいものでしたし、ランパードのミドルシュート、ジェラードの球際の強さやジョーコールのスピードなど、「個」ではパラグアイを凌駕していたのは事実なのですが、全体的な連携で見ると5Mのパスミスもあった(ような気が)り、やはり一人くらい、チェルシーのマケレレのような泥臭い選手がいたほうが良かったのかな、と思います。もちろん、この四人が揃って華麗なプレーができるのなら、ブラジルにも負けない「スペクタクル」が見れると思いますが。

しかしそれでも勝ってしまったのは凄いですね。内容的には運動量が豊富なパラグアイが主導権を握っていたような気もしますが、結果的に長い時間、1点を守りきったのは素晴らしいと思います。やはり世界最高峰とも言える、リオ・ファーディナンドとジョン・テリーのCBコンビはかなりレベルが高いんでしょうね。しかし全体的にはクラウチ目掛けてのロングボールサッカーで見ていてもいまいち面白味にかけるサッカーだったと思うので、次こそは!、いいサッカーをして欲しいですね(もちろん、W杯は勝つことが一番大事なのですが

■カリブの小さな国の大健闘

トリニダード・トバコとスウェーデンが引き分けたのは、かなりの「サプライズ」でしたね。実力的に見れば、プレーオフで当たったバーレーンと同じレベルだと思っていたのですが、GKを始めとする守備陣が相当頑張ったのでしょうね。逆にスウェーデンにとっては、かなりの「想定外」(堀江さん、聞いてますか~!?)でしょう。
残りは曲者・パラグアイと強豪イングランドで、かなりハードな戦いが待っていることでしょう。しかーし!FWのラーションとイブラヒモビッチは相当な破壊力ですからね。残りに試合、両勝ちもありえるかもしれません。

じゃあ、今回はこれくらいにしておきます。


………………………


って、


いよいよ明日は日豪戦ですね!

今さら、「ハイボールがああだこうだ」とか、「決定力不足」なんてことは言いません。

「サムライはじたばたしないんです!」川平慈英さん風に

それではみなさん、明日は応援しましょうね~!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

どうもどうも。

始まりましたね!つってもまだ未だW杯モードに入りきれてませんけどね。

今のところ唯一真剣に見たのが、スウェーデンvsトリニダードですね。
他の試合はどうにも忙しくて、生で見れなかったのでね~。

でも何でこういうときに限って、スウェーデンが引き分けるとは!!
勝てましたね。勝てましたよ。
今回真剣に応援してるのは、日本はもちろん、イングランドとスウェーデンなんす。

トリニダードは思った以上に、守れるチームなんだと感じましたけど、ちょいとテンション下がってしまいましたね。最後のイブラのシュートが外れたときには、まじかよ・・・って感じで。

あと、ひそかに応援してるのがフランス。
自分の予想としては、周りが「無理だろう」と思ってる中、結構いけるんじゃと思っとります。
ジダン引退もあるんで、チームのテンションも上向き傾向にあると願うばかりです。これがないと勝てんでしょうね、たぶん。

イングランドは、とりあえずコンディションが整ってくれればいいです。そうしたら結果は残せるでしょう。あのメンバーですから!
【2006/06/12 14:02】 URL | kop #- [ 編集]


kopさん>

コメントどうもです。遅れて本当に申し訳ありません。
今日はトリニダードトバコとイングランドのようですが、さすがにもう「サプライズ」は起きないでしょう、が... スウェーデンとパラグアイの二位争いになるでしょうね。直接対決はハードになることでしょう。
フランスは、いまいちアンリ-ジダンのラインがうまくいっていないようですね。まあスイスは守備の堅いチームですし、引き分けは十分に考えられたのですが… ジダンにとって1試合1試合が引退と隣り合わせだと思うので、素晴らしいプレーを期待したいですね^^
【2006/06/15 19:46】 URL | ボン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://blogoffreewriter.blog41.fc2.com/tb.php/117-08f7838e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

W杯は結果が良ければ全て良し

今日は1日の中で、2試合のレポートをお送りしたいと思います。まず、今回は昨日行われたグループBのイングランド対パラグアイの試合についてお話したいと思います。今大会優勝 新右衛門ブログ【2006/06/11 22:56】

フットサル界のスーパースター ファルカン動画集

サッカー界最大のスターがロナウジーニョなら、フットサル界のロナウジーニョがこのファルカンだ。サッカーと同じく世界トップレベルにあるフットサルブラジル代表の中でも、別次元の輝きを放っている。強 ☆フィー・ゴスタの痛快サッカーBlog☆【2006/06/19 23:08】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。