フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

ボン

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表に中沢復帰?
オシム監督、中沢を招集へ…本人は代表引退決意、協会が説得へ
2006年12月23日(土) 8時5分 スポーツ報知

 日本代表のイビチャ・オシム監督(65)がDF中沢佑二(28)=横浜M=の代表復帰を熱望していることが22日までに明らかになった。日本サッカー協会関係者によると、選手層が薄いセンターバックの切り札的存在として中沢の招集を希望しているという。中沢はドイツW杯後、代表引退を決意。それに関するコメントも控えているが、指揮官の要望を踏まえ日本サッカー協会側は、中沢に復帰を促す構えだ。

 オシム監督が思い描く構想の中で、中沢の存在は消えるどころか、逆に大きくなっていた。指揮官が、ドイツW杯以降、日の丸から遠ざかっている““ボンバーヘッド”の代表招集を希望していることが判明した。日本協会関係者によると、頻繁に行われている代表スタッフ会議でもその名前は挙がっており、来年の代表招集を目指す動きが活発化してきているという。

 今年8月の初戦以降、オシム・ジャパンは7試合を戦い、総失点も3点と決して多くはない。だが、センターバックの選手層が薄いのも事実。闘莉王(浦和)らが主力として活躍する一方で、オシム監督は「優れたストッパータイプの選手が不足している」と公言してきた。

 そんな中、復帰を熱望しているのが中沢だった。187センチと長身で、地上戦、空中戦を問わず1対1に無類の強さを発揮するDFは貴重な戦力。経験も豊富で、ドイツW杯に臨んだ日本代表DF陣の中で、1次リーグ全3試合にフル出場を果たしたのは三都主と中沢だけ。だが、本人はそのドイツW杯を最後に日本代表からの引退を決意。7月には当時、技術委員長を務めていた田嶋幸三現専務理事に代表のユニホームを脱ぐ覚悟を伝えている。

 オシム体制発足以降、中沢自身の故障が重なるなどして代表招集がなかったことで、予定されていた引退会見なども取りやめとなり、うやむやの状態が続いてきた。それでも、正式に代表招集の意向が届けば、対応を迫られる。日本協会関係者によると今後、来年2月の代表合宿、もしくは来年の初戦となる同3月の韓国戦での招集を目指す構えだという。

 中沢本人に、日本代表スタッフ、さらにオシム監督の熱意が伝わるか。動向が注目される



ということなんですけど…

選手のポジションにとらわれないオシム監督も、やはり本職のいいDFは足りていないと思っているのが現状みたいですね(当たり前か)

正直、日本のDF陣は世界から評価を受けていないのが現実だと思います。

事実、「世界レベル」といわれてきた(?)MF陣に対して、ディフェンシブな選手で海外に渡ったのは中田浩二くらいしか移籍できていないのが、その証拠です(このたび宮本が移籍しましたが)。中沢は日本でも三本の指に入る優秀なディフェンダーだと思うので、是非復帰を果たしてほしいです。

実現すれば、トゥーリオとの「ツインタワー」も実現するかも知れません(W杯のときに実現していれば…)。

あと、話は変わるのですが、先ほど、中京大中京の伊藤翔選手がグルノーブルに移籍するとの報道を見たのですが、がんばってほしいですね。

ただ個人的にはJリーグに来てほしかった…

なぜなら、Jリーグのほうが確実に試合に出て経験を積めるだろうし、海外だと大久保や平山のようになってしまうかもしれません…

それともうひとつ。

「いいFWは、いいDFを育てるから」です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://blogoffreewriter.blog41.fc2.com/tb.php/129-d7f82d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。