フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

ボン

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュンスケナカムラの「絡む」活躍
正月(1月)は、基本的に日本サッカー界はオフ(天皇杯と高校サッカーくらい)なわけですが、海の向こうではサッカーをやっている国もあるわけです。

そう、日本人・中村俊輔が活躍しているスコットランド!(などなど…)

でね、まあ俊輔はセルティックというスコットランドリーグで現在最強のチームに所属して、司令塔としてバリバリに活躍してるじゃないですか!

そりゃあ「得点に絡む活躍」くらいするっちゅうねん!

確かに基点となっているパスは出しているけど、得点に結びつくのはその後のパスワークだったり、ドリブルなどの個人技だったりするわけです。

それは、セルティックの選手には失礼なことなんじゃないでしょうか?

セルティックの勝利は半分以上が中村のおかげだと思ってないでしょうか?

もちろん、僕がニュース見てても素直に「おお!」と感動できるようなパスもたくさんあるわけなんですけど。だから素直に、「2ゴールに絡む活躍」じゃなくて「アシスト1」って報道すればいいと思うんですけどね。

それに比べると… 

Jリーグなんかはそこまでの課程はカットですからね。たぶん活躍した選手が家でハイライトを見たら、「俺のナイスなサイドチェンジがない…」って思ってますよ、きっと。

まあ、日本人がラグビー選手みたいな外国人相手に翻弄するシーンを見るのは、心躍るというのもあるんですけどね。ナショナリズムっていうんかな?

まま、もうちょっと何とかしてほしいですわ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://blogoffreewriter.blog41.fc2.com/tb.php/133-274895ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。