フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

ボン

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米のうまさと日本の現在位置
さてさて、日本コロンビアが勝ち点3で並びあったキリンカップの最終戦、ご覧になったでしょうか?

今回のフォーメーションは高原の1トップ(ちょっと驚きでした)、その下に左から遠藤、稲本、中村俊、ボランチに鈴木啓太と憲剛、最終ラインにはコマの、安部、中沢、中田浩二といった並びでしたが…(オシムはこれを「カミカゼシステム」と命名。)

まず試合の印象。とりあえずどうでもいいことですが、コロンビアエクアドルが何かかぶる!去年のW杯でもこんなこといった覚えもかすかにはあるんですが…

そのコロンビアなんですが、うまかったですね。競り合いにも強く、ヘディングの精度が高い。トラップやパス精度の高さに日本の守備はついていくのが精一杯という感じでした、前半は。

ただこのチーム… 「うまさ」だけで終わりなんですシュートがほとんど無い。ミドルシュートで何度かゴールを脅かしていたので、もっと相手がシュートを打ってきていたら負けていたかもしれません。結局、この試合は日本が6本、コロンビアが4本と、あわせて10本と「少ねぇなぁ」、という印象です。

前半は日本が押されていましたが。後半は逆に日本が猛攻を仕掛けます。というか正確に言えば、相手は日曜日に試合を行い中1日。コンディションに差が出ても仕方ありません。

まあそれはそれとして、オシムは稲本、中田の海外組に代えて羽生、今野という一見地味(?)な選手を投入。結局はこれが、日本にリズムを作り出します。

前任者のジーコは、メンバーをほとんど固定して、なおかつ選手交代も積極的でなかったので、コンディションの悪いチームはそのままズルズルいってしまうことがありました。しかしオシムはそんなことはないようです(まあこれが正しいのですが)。アジアカップでは選手の使い方も重要となっているので、この面では心配なさそうですね。

ただひとつ注文があるとすれば、1トップをなぜ引っ張ったのか。高原はいつ潰されてもおかしくなかったので、見ている方も少し引きました(少なくとも僕は)。

後半の一番良かったプレーは、クロス→羽生がスルー→中村俊がバックパス→遠藤がダイレクトで右サイドを走り込んできた中村憲にラストパス→中村憲のシュート面白いサッカーが見えてきたな、とちょっと面白く感じました。

さて、最後はコロンビアの監督のコメントを引用。

『――日本戦に向けた対策と、そこで見えた日本の強み、弱みは?

 ボールを奪って主導権を持つこと、細かいパスをすること、そしてプレッシャーをかけようと指示も出した。だが、それが機能したのは前半だけ。後半は自分たちのエリアでボールを奪われ、カウンターが機能しなかった。日本の印象はダイナミック、戦略的でリズムの均衡を崩すのがうまい。マイナス点は、個人技が発達していなかったことだ。』


さて、とりあえず練習試合はここで終了、いよいよアジアカップは一ヵ月後です果たして結果は…?
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://blogoffreewriter.blog41.fc2.com/tb.php/137-c977f94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。