フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

ボン

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイヤーのメンタリティ
今日久々に友達とオフで対戦してきまして。結果は負け越しながらも2、3勝出来たのでまあまあかな。(満足はしていませんが)

さて、今日お伝えしたいことは「ウイニングイレブン」におけるプレイヤーのメンタリティです。こんなことがありました。
今日の試合で自分は前半に三点取られて絶望的な気持ちでハーフタイムを迎えました。それに比べて相手は余裕しゃくしゃく。もちろんここからの逆転は考えてもいなかったのでしょう。

しかしここでもちろんあきらめてはいけません。相手が3点取れるのなら自分だって、と考えましょう。事実自分はコーナーキックからの1点が決まり、サイドのクロスからの2点目を決めました。もうここで、相手は浮き足立ち、自分はスコア的には負けているものの精神面では優位な立場にあったでしょう。
そして、同点弾となるミドルシュートが決まると勢いのままにロスタイム、コーナーのこぼれ球を詰めてその試合勝利することが出来たとさ。

ここで大事なのは、点差が空いているからといって遠目からのミドルシュートやドリブルだけで攻めて行くなどやけくそになって可能性の低いプレイをする事ではもちろんなく、負けているからこそパスとドリブルを丁寧に織り交ぜて攻めていくということなんです。当たり前のことですよね。でも熱くなってしまうと忘れてしまうことです。

コーナーキック一つとっても、適当に打つのではなく、ニアに選手が来るまでで待ってみたり空いたスペースに打ったりと、工夫してみることが大事です。

だから2点、3点とられてもあきらめないで下さい。むしろ、心のスキが生まれるので逆にチャンスなのかもしれませんね。

「負けたと言わない限り勝っている」
金八先生の紹介してくれた相田みつをさんの言葉です。

ま、偉そうな事言って来ましたが所詮今日の僕は負けイヌです

今日の試合で明らかになった決定力不足、フリーキック精度をトレーニングでもっと上げていくつもりです。

それでは皆さん、今日はこの辺で~

(読んでくれた皆さん、ありがとうございます
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんにちわ。

再びO家の主人@FCブラジルです。

わー....この記事、ボクのために書かれたような記事ですね。

肝に銘じます...。
「前半で3点差でもあきらめない」...すごいですね。

頑張ります。
【2006/01/09 10:13】 URL | O家の主人@FCブラジル #- [ 編集]


記事読ませていただきました!!一つ気になったので一言残します!

負けているときこそ遠目からのミドルは効果的に使うべきだと思います!
ただ闇雲なミドルは意味ありませんが・・・。

ちゃんとコースが空いていて、シュートできるスペースがあって、それで入らなかったら仕方ありません。
GK抜いたって外すことあるんですから。
むしろそこで打たないのはせっかくのチャンスを一つ潰すことになりかねません!

もしシュートという形で終われたのならカウンターも凌げますし、シュートに対するプレスが強くなればドリブルだってやり易くなるはずです!

負けているという状況に左右されることない冷静な判断力が必要ですね。
あと、決定的な場面を外したからといって腐らないことが大事ですね!
うまい人でも諦める人は強くありませんから!

自分の友達にもプレイ中に「自分、もっと丁寧にやれ!」って叫びながら攻めてくる人いますしw
これを心の中で処理出来るようになるとメンタリティある人へと成長できそうですね!
かく言う自分もメンタリティUP頑張ります!
【2006/01/12 06:29】 URL | ヨウ #RnDge2gE [ 編集]


ヨウさん、コメントありがとうございます。

>負けているときこそ遠目からのミドルは効果的に使うべきだと思います!
ただ闇雲なミドルは意味ありませんが・・・。

ちゃんとコースが空いていて、シュートできるスペースがあって、それで入らなかったら仕方ありません。
GK抜いたって外すことあるんですから。
むしろそこで打たないのはせっかくのチャンスを一つ潰すことになりかねません!

もしシュートという形で終われたのならカウンターも凌げますし、シュートに対するプレスが強くなればドリブルだってやり易くなるはずです!>

ご指摘ありがとうございます。

なるほど、負けているときの攻めというのはどうしても慎重になりがちで、特に自分なんかはドリブルやミドルシュートが少なくなっていると思います。

負けているときは大胆かつ慎重に。漠然としていますが、勇気をもって攻めの姿勢を見せるのが大事なのかもしれないですね。
これからも気付いた点があればご指導よろしくお願いします。
【2006/01/12 18:46】 URL | ボン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://blogoffreewriter.blog41.fc2.com/tb.php/26-3e2aa4f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

失点のにおい...。(更新)

これだけ負けてもウイイレをやり続ける魅力って一体なんだろうと、よく自問します。なかなか勝てない相手に勝った時の快感...ボクにとってはそれがひとつの理由なんじゃないかと思います。強い相手でも多少の運と気持ちさえあればごくまれに勝てちゃう事だってあ.... 激闘!パパ達の週末ウイニングイレブン【2006/01/09 10:11】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。