フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

ボン

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生体験バトンⅣ
またまた人生体験バトンの続きです。

あと、昨日書いた3バックですが今日もこれに工夫をしてみた所なかなかいい感じに…

明日にでも公開してみようと思います。

それでは続きをどうぞ


一目ぼれ ?

そうですねえ、確かにそっちを向いたりすることはありますけど、一目ぼれしたからって仲良くなれるわけじゃないし…(当たり前ですが)

なんか勝手な妄想(勘違いしないでね)してると自分自身が情けなくなる気がして…


幽体離脱 ×

なかなかあっさりと凄いことを聞いてきますねぇ。ズバリNOですね(キッパリ)
もし体験したことが会ったら、そいつは狂言師というあだ名をつけても差し支えないでしょう。


前世の記憶 ×

ないですねぇ。というより、あったら怖くないですか?もし前世が魚だったら、自分にどう言い聞かせればいいんですか?

「俺は生まれてから、肉食魚や鳥に追われてひっそりと生きてきたけど、結局は北京原人にモリで…」なんてしっかりと覚えてるんでしょうか(笑)

ちなみにもし前世ではなく生まれ変われるんだったら(人間以外で)、人間に食べられずにゆっくりと暮らせるような動物がいいですね。(爺腐っ!)


ヨガ ×

今、流行っているようですけど、体験したことはないです。あれはなかなか体を使ってますから、いい運動になるんじゃないんでしょうか。


OSの再インストール ×

よくわかんないっす。ブログをやっているといえども、設定の方は母とかに聞きまくってるんで。


ヴォイスチャット ×

やったことないです。チャットも。というより、うちのパソコンにはスピーカーがついていないし。そのため動画も有意義に見れないし(なにさまのつもりだ)


先生に殴られる ○

これがねー、実はあるんですよ。自分は本来真面目に授業を受けていて、目立った発言もしない平凡なヤツなんですよ。

ただ一回だけあってね、自分は特に先生に悪気もなかったんですが「なんだよ」といったんです。そしたらその地獄耳の先生がねぇ、つかつかと歩み寄ってきてパシッと。痛いという良いも驚きましたね、余りの展開の早さに。

なんかその先生とは今でも犬猿の仲になっているようで、こないだグランドで遊んでたらその先生が自分のことずっと睨みつけてた(気が)んですよ。まあ結構離れてたんで、襲われることはないと思ってこっちも睨み返してやりましたが


廊下に立たされる ×

廊下に立たされるというのは、ないです。ただずっと授業中喋ってたら椅子の上に正座させられたことは、あります。あれもなかなかの恥ですよ…


徒競走で一位 ×

自分は、ムチャクチャ足が遅いです。長距離だったらいくらかは根性でまかなえる部分もありますが、短距離は…

足の遅いことは、結構なコンプレックスですね。


リレーの選手 ×

これも足が遅いのでないです。ただ一回、リレーにでるチャンスがあってね。小学校の時に教員とリレーで競争するやつがあるじゃないですか。あれに立候補したんですが、見事にジャンケンで負けてしまいました。

自分はここぞという場面でのジャンケンには無類の弱さを発揮しています(涙)


メルヴィル ×

よくわからないです。


妊婦に席をゆずる ×

意識的に譲っていないのではなく、まだこういう場面に遭遇したことがないので… ただ老人に譲ったことはありますよ。


他人の子どもをしかる ×

ないですねぇ。まあ最近は、そんなバカな子供と親のコンビには出会ってませんから。

もし遭遇したらどうするか?それはね、言葉じゃなく態度で示してやりますね。例えば電車の中で鬼ごっことかしてるヤツがいたら、前を通るたびに舌打ちしてやったり、わざと足を大きく出してみたり。

そうすると、多分その子供も「あ、こういうことをするとキレられるからやめとこ」ときっと思うはずです。(きっとね)


ということで、今日はこの辺で~

(読んでくれた皆さん、ありがとうございます)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://blogoffreewriter.blog41.fc2.com/tb.php/46-1d9c3287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。