フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

ボン

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球 年俸の矛盾と謎
というわけで、今回はプロ野球の話です。
先に言っときますと、僕はサッカーよりも野球のほうが話をするのは
得意なんです。元野球部ですし。(過去形です)

さて、昨日西武ライオンズの西口選手、オリックスの谷選手が契約更改
しました。

西武の西口選手は一億円増の三億円、谷選手は一千万減の二億八千万で
それぞれ一発サインしました。

これについて少し疑問に思うことがあるので少し語ってみたいと思います。

まず西口選手。皆さん、西武のエースと言ったら誰を思い浮かべますか。
多分大体の人が「松坂」と答えるのではないでしょうか。
しかし、僕は西武のエースは西口選手だと思います。
なぜなら、西口選手は松坂選手が入団する前からエースとして活躍して
いましたし、通算勝利数でも圧倒的に上回っています。そしてなにより、
11年のうち9年で10勝以上しているという安定感はエースとしての
資質を十二分に持っていると思います。

それではなぜ、昨季の年俸が松坂選手よりも劣っていたのでしょうか。
(西口選手二億円に対し松坂選手は二億五千万でした)

まず一つに、松坂選手が高校時代から甲子園でバリバリ活躍して
プロ野球に入ってきたのとは対照的に、西口選手の入団は失礼ですが
地味なものではなかったのではないでしょうか。
また松坂選手の直球でグイグイ押していく魅力的なピッチングに比べ、
西口選手は切れのある直球とスライダーのコンビネーションで勝負して
いくというなんとも玄人好みな選手です。
また、今年西口投手はノーヒットノーラン、完全試合という投手に
とって大きな記録をあと一歩のところで逃しています。
(これに西口選手は「運を使わなくてよかった」と前向きですが。)
このように、西口選手と松坂選手の差は「印象度」なのだと思います。
しかし、西口選手のお金に執着せず黙々と野球を続ける姿には共感を
持ちますよね。是非来年も活躍して欲しいです。

次に谷選手。今年オリックス・バッファローズの中心選手、
チームリーダーとして期待されていたのですが、期待に応えるような
活躍は出来ませんでした。しかし、それに対し球団の評価は一千万減と
軽いもの。もちろん来年は頼むぞ、という期待料も込められているので
しょう。しかし、球団は経営難により合併を余儀なくされたオリックス
だからこそ、選手の年俸には公平を期して欲しいのです。
来年の谷選手には年俸に値するような活躍、そして
「ヤワラちゃんの夫」から「オリックスの谷」になれるような
活躍を期待します。

球界のバブルがはじけて、いまや三億円がステータスになってしまった時代。
これから続々と行われる大物選手の年俸はおいくらになるのでしょうか。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://blogoffreewriter.blog41.fc2.com/tb.php/6-2cc3dc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。