フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

ボン

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧シュート症候群
それでは昨日の予告どおり、今回はビシッとした記事を書きたいと思います

でもちょっとその前に、うれしい日本人のニュースを。ル・マンに所属する松井が、リーグ・アンの1月最優秀選手賞に選ばれたようです!(詳しくはhttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20060219-00000029-spnavi-spo.html)松井がフランスで大きく力をつけることはもちろん日本代表にとってプラスですし、ドリブル突破やトリッキーなプレーも出来るこの選手は日本代表にとって大きな切り札ですから、今後もいいプレーを続けていって欲しいですね!


では、日本-フィンランドの試合を振り返っていきましょう。

日本代表は試合開始直後から、前回のアメリカ戦の反省を活かして高い位置からプレッシャーをかけに行きます。そして攻撃面では、小野を中心に低い位置からのロングボールを「放り込み」、チャンスを作ろうとしました。

しかし、これはあまり効果的とはいえませんでした。まず触れておかなければいけないのは、日本の攻撃ではなくフィンランドの守備でしょう。フィンランドはアメリカのように素早くプレッシャーをかけてきたのではなく、ほとんどの選手が自陣に引いて守っていました。そのために、久保・巻というフィジカルの強い2トップをもってしても、なかなかロングボールをコントロールできていませんでした。

それにフィンランドは、一人の選手に対して二人でプレッシャーをかけに行ったので、ロナウジーニョのようなドリブルが出来ない日本の選手たち(当たり前ですが)はことごとく潰され、ボールを持っても前を向けませんでした。

日本は小野を機転にロングがだめならスルーパス、といわんばかりにどんどんパスを出していくのですが、シュートを打とうとしてもことごとくフィンランドに跳ね返されて、結局まともに期待させるようなシュートは38分の宮本のヘディングシュート(枠のうえに外れる)の一本だけでした。結局、枠に飛ぶシュートが一本も打てないまま、前半を終えます。

そして、後半に誰か選手を変えてくるかな、と自分は思ったのですが、ジーコは前半の選手をそのままピッチに送り出します。

すると前半五分、右サイドのスローインを小笠原が走り込みながらボールを受けると、中央にグラウンダーの速いクロスを出します。これに久保が合わせて日本に待望の先制点が入りました。

そして久保のシュートの余韻がまだ残っている12分、ハーフウエーライン手前でボールを受けた小笠原がなんとそのまま意表をつく超ロングシュート。ボールはGKの頭の上を越えて、ゴールに吸い込まれ2点目が入ります。

その後も交代した佐藤寿人がバーにあたる惜しいシュートを放つものの、特に変わったプレーもなくそのまま日本が2-0で勝利、という内容に終りました。

まあフィンランドとアメリカでは単純にチーム力が違うわけで、100点満点、ということではもちろんないです。

まず、選手について話していきましょう。今回、前回のアメリカ戦と比べると、三都主に代わって村井田中誠に代わって坪井遠藤に代わってと、ジーコにしては珍しく三人の選手を変えてきました。

これについて、起用は当たったと思っています。村井は三都主に比べれは守備は安定していましたし、いいドリブル突破も何度か見せていました。

坪井は、右CBとしてフィンランドのロングボールをカットして未然に攻撃を防いでいましたし、かなりいい出来だったと思っています。というより、坪井が怪我をして、代わりに田中が招集され、そのままレギュラーに定着していました。しかし、もしかしたら今回の坪井-宮本-中澤の三人がジーコのファーストチョイスなのかもしれません。今後も注目していきたいです。

巻は、ゴールこそ上げられなかったものの献身的にプレーしていた(らしいです)し、ファールをもらう動きも何度かありましたし、よかったと思います。

しかしなんといってもジーコが一番喜んだのは久保のゴールでしょう!しかしこのシュートは、半分以上は小笠原のパスから生まれたものであり、久保らしい豪快なシュートではなかったです。ですから、完全復活はまだ先、ということにしておきましょう。

それにしても自分が思ったのは、ジーコはカードを切る(選手交代)が下手だな、ということ。なぜ、選手の運動量が落ちて、積極的なドリブル突破が求められる場面で(20-30分)、今までいい働きをしていた村井に代えて、三都主なのか。なぜ、故障上がりの久保より先に巻を交代させるのか(巻は27分、久保は40分)。などなど、少し不可解なことが多かったです。

W杯では、交代した選手がどれだけ働けるかがカギとなると思うので、もっと意味のある交代をして欲しいです

でもまあ、選手の動きはよかったと思いますし(特に小笠原、中澤、加地)、W杯を見据えたテストマッチとしては、まずまずかな、と。小笠原のスーパーゴールは、世界のスーパーゴールとしても遜色ないと思いますよ。

まあそういうことで次のインド戦、いい戦いを期待したいです。

選手評価
   
   選手名  評価点  コメント
GK 川口   6、0  相手のシュートがなかったこともあり、あまり評価は出来ませんが。
DF 宮本   6、0  ほとんど相手のチャンスがなかったこともあり、評価は難しい。
   坪井   6、5  セーフティーファーストの安定した守備は、いいアピールになったはず
   中澤   6、5  積極的な攻撃参加で、調子のよさと存在感を見せつけた
MF 村井   6、5  積極的なドリブル突破を見せて、いいアピールになったはず
   加地   6、5  前回のアメリカ戦に続き、いい働きをしていたと思う
   小笠原  7、0  この試合は彼のゲーム。超ロングシュートに「巧」です。
   小野   6、5  いい縦パスを何本も見せ、「さすが」の存在感。
   福西   6、0  献身的なディフェンスで、中盤をうまく支えていた。
FW 久保   6、5  先制弾も、完全復活はまだまだ。爆発を望みたい。
   巻    6、0  果敢なプレーで、調子のよさをアピール。次の試合もスタメンか!?
交代 佐藤   6、0  惜しいシュートを放つものの、それ以外は目立った働きもなし。
   駒野   6、0  いいクロスを何本か出したが、アピールには時間不足かも。
   三都主  6、0  特に目立ったプレーなし。それでもジーコの信頼は絶大(嫌味じゃなくて)。
   本山   ――  アピールには時間不足。ドリブル力に期待したいが…


総括:ほとんど日本がボールキープしていたと思うので、全体的にかなり「甘い」評価となりました。次の試合、どのようなメンバーで戦うのか楽しみですね!

それでは今日はこの辺で~

(読んでくれたみなさん、ありがとうございます
一番下の人気投票、あなたの好きなフリーキッカーは?もよろしくお願いします。)


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

お久しぶりです。フィンランド戦は見ましたよ。
確かに前半は見ていて「ホントに大丈夫か??日本」と思いました。新メンバーの動きはいいなとは思いましたが。特に村井・・・これからは村井スタートでいいんじゃないかと思います・・・・個人的に三都主にあまりいいイメージを持っていないということもあって・・・<苦笑>疲れた相手には三都主の突破も効くかもしれないですしね。

私もジーコの選手交代の時期には以前から疑問を抱いています。遅かったり、調子の悪い選手を替えなかったり・・・時には思い切った選手交代が必要かもしれませんね。
小野と小笠原のキープ力は素晴らしい!!
【2006/02/20 17:58】 URL | サンダーロード #- [ 編集]


サンダーロードさん

コメントありがとうございます。村井は、積極的に仕掛けていきましたがクロスの制度がいまいちだったかな… それより4バックの時は、守備の強い中田浩二を入れたほうが全然DFラインが引き締まると思います。たしかに三都主のドリブル突破は、詰まった時間に仕掛けると意外と有効かもしれません。彼、クロスの精度はなかなかなので。ただ、90分通してみるとやっぱり安定度が低い気がしますけどね。

ジーコの選手交代ですが、W杯では交代枠は「3」しかないので、ますますカードの切り方が重要になってくると思います。ただ、ジーコは退場者が出るなどピンチに陥った時にはわりと名采配を見せているので、普段でも「やればできる」ようになって欲しいです。
【2006/02/20 22:27】 URL | ボン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://blogoffreewriter.blog41.fc2.com/tb.php/67-79c2a576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

~イェゴ流~ 日本vsフィンランド考察

いや~勝ちましたね、日本。ただ、やっぱり油断はできません。今回のフィンランドは主力の姿がなく、高さだけのチームのような感じでした。GKは二エミ、ヤースケライネンで ☆フィー・ゴスタの痛快サッカーBlog☆【2006/02/19 19:09】

フィンランドはアメリカとは違うわけで・・・

セルビア・モンテネグロのレッドスターに移籍した鈴木隆行がアウェイでのボジュドバツ戦でデビューを果たしました。後半からの途中出場で、得点は挙げられなかったようですが、まずは 新右衛門ブログ【2006/02/19 21:40】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。