フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

ボン

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不可解な判定、差はあったのか?(WBC:日本-アメリカ戦)
最近、このブログにはノータッチでしたね。これからは、ちゃんと書きたいと思ってるんで、見捨てないで下さいね…

さて、今回は久しぶりに「野球」について書きたいと思います。「ウンッ、野球?」と興味がないからってスルーしないで、呼んでみてください。一応、分かりやすく書いたつもりなので…

まずみなさん、今「WBC」という国際大会が行なわれているのは、知っていますよね?これは、いわゆるサッカーの「ワールドカップ」みたいなもの、つまり真の世界一を決める大会なんです

「世界一を決める大会だったらオリンピックで十分じゃないの?」という疑問を持つ人もいると思いますが、「セイセイセイ!」です。あれは、「アマチュア王者」なんですよ。前回のアテネでは日本はプロ選抜で戦いに行きましたが(結果は銅メダル)、基本的には社会人と大学生で固められるはずなんですね。アメリカも、「3A」(プロ野球に置き換えると二軍です)からの選抜チームですし。

さて、基本知識はこれくらいにして、今日の試合を振り返っていきましょう。

日本の先発は巨人の上原でした。日本のエースといえば、印象度からいって松坂、という人もいると思いますが、個人的には上原だと思っています。理由としては、やはりコントロールが抜群にいいこと変化球の精度(フォーク、スライダーなどの)が非常に高い、そしてなにより「国際大会に強い」ことですね。

試合内容を軽く振り返っていくと、まず一回表にイチローの先頭打者ホームランで日本が先制、二回にも川(ソフトバンク)の二点タイムリーで追加点を上げます。一方のアメリカは二回裏にチッパー・ジョーンズのソロホームーラン、そして六回には上原から代わったばかりの清水(ロッテ)からリー(カブス)ツーランホームランを打ち同点とします。

その後も両チーム、要所に好プレーを見せ素晴らしい戦いをするのですが、九回裏に藤川(阪神)メジャーリーグの最強打者との呼び声の高いアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)にサヨナラタイムリーを打たれてしまい、日本がアメリカ戦勝利という金星にあと一歩まで迫りながらも3-4で破れてしまいました。

まずこの試合、絶対に触れておかなければいけないのは八回表に起きた『疑惑の判定』でしょう。一死満塁のチャンスで岩村(ヤクルト)がレフトにフライを打ち上げ、西岡(ロッテ)がタッチアップで楽々セーフになり、4-3と勝ち越したかに思えました。しかし、アメリカの選手が「タッチアップが早かったので今の得点は無効」という抗議をすると、あろうことかなんと判定が覆ってしまってダブルプレー、その回のチャンスがすべて無くなってしまいました。

これは、絶対におかしいですね。サッカーでよくある「アウエージャッジ」なんて言葉では済まされない、『誤審』です。だって、近くにいた三塁審判は打球の行方を追っていて、二塁審判はセーフだといっているのに、なんで球審のオッサンは根拠もなく「今のは反則」といえるのでしょうか?

僕は野球をやっていたから分かるのですが、基本的に二つのプレーを同時に見て、判断するというのはとてもじゃないけど出来なかった(監督はそれをすごく求めてきましたけど)。それは、多分プロでも難しいと思うんですよ。

それに、ビデオ判定をしたわけでもないでしょ?まあ、野球より歴史の古い大相撲がビデオ判定を導入しているのに、野球がいまだにビデオ判定を導入していないのはすごく疑問なんですが、この判定については間違いなく「誤審」といえるでしょう。

「でも、結局は最終回に同点に追いつかれてしまったし…」という声もあるかもしれません。でも僕は、そうは思っていない。野球っていうのは、精神力のスポーツだと思っているんですよ、僕は。サッカーが肉体(90分走りつづけることなどから)であるのに対し、野球は「精神力」がカギを握っています。よく考えたら、ピッチャー以外で動いてる選手は、いないでしょ?一番長い距離を走ってもベース一周ですし。だから、あの場面で日本はさらに気持ちが高まり、逆にアメリカは緊張の糸が切れて、大量失点につながる可能性だって十分にあった。僕が言いたいのは、そういうことです。

でも、少なからず日本とアメリカには、差があったと思います。アメリカのバッターが日本ピッチャーのボールを軽々打ち返したのに対し、日本のバッターはグシャグシャ詰まってましたからね。それに、ピンチで何度もゲッツーが取れたし。

ただ、それは絶対的な差ではない。

もう一回日本がアメリカとやったら、勝つ可能性はもちろんあるわけだし。むしろ、日本のほうが細かいプレー(コントロール、走塁、守備などの)では上回っている気もしますしだから、とりあえず残り二試合(vsメキシコ、vs韓国)に勝って、準決勝でもう一回戦って、勝って欲しい。

「いつまでもアメリカが一番な時代は終わったんだよ」と思わせるために。(反米感情丸出しやなー

みなさんも、ぜひ見てみてください。

それでは~
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://blogoffreewriter.blog41.fc2.com/tb.php/81-43e31c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。