フリーライターのブログ
スポーツのコラム、ウイニングイレブン、日常の出来事など様々な事を書いていきます。ちなみに学生です。
プロフィール

ボン

Author:ボン
スポーツ、テレビ、ラジオ、お笑いなどなど自分の見たものを独自の視点で語っていけるようにがんばります…。あと「bon-G101」でウイイレオンライン(PS2)をやっておりますので、見かけたらお気軽に声かけてくださいまし。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤジ馬どもめ!
おかげさまで、風邪は少し治まり今日は無事学校へ行けました。まあ、一日しか空いてないといえど、結構タイムラグというか、疎外感(!?)を感じてしまうというか…

やっぱり、こういう時に一言でも「昨日は?」とか声かけてくれるような奴は、「エエ奴」ですね。(個人的に嬉しかっただけですが

やっぱり、こんな気配りも大事ですよ、絶対。

で、話題は変わって昨日の話。

昨日実は、家の近くで火事があったんです。しかもそれが小さなボヤ程度じゃなくて、一家全焼(と思われる)ような大火事なんです!(エライこっちゃ)

火事が起きた時間帯は夜の八時くらいだったんですが、まあ最初は消防車の音がしてもそんなに気に止めませんよね。寒いですし。でも消防車の音がどんどん増えていくので、見てみようということになったんです。

そうと決まると、もう一家で我を争うようにして、現場へ駆けつけました!自分は、パジャマだったんでまず玄関でジャージをはいてから出て行ったんです。

が、驚くべきことに家のオカンと弟がすでに消えている… 「風になりやがったなこの野郎!」(意味不明

そう、なんとすでに20mほどの曲がり角を曲がって現場の近くに駆けつけていたんです!は、早い…

近くに行ってみると、もうすでに20人くらいのやじうまが集まっていました。そうそう、ああいう時って、かなり昔からいたような落ちつきっぷりを見せる親父っていうのが、存在するんですよ。そこに新しい人たちが駆けつけると、「おう、どうした」みたいにベテランぶる人が(笑)  なんか、それに少し腹が立ちました…

しかも、ちょっと自分は目を疑ってしまったことがありました。

なんと、ワゴン車の助手席から携帯のカメラで火事を(家の陰から見える程度ですが)取ろうとしている奴がいるんです(おそらく通りすがりだとは思いますが)

こいつ、アホか?しかもしかも、うしろには新しい消防車がいました。うーん、火事現場にぶち込みたい…

しかし、やじうまの嗅覚とエネルギーは凄いですねぇ。あれがあればとっくに火事なんておさまった気もするんですが…(笑)

それにしても、あんなにオカンの足が早かったとは…

それでは今日はこの辺で~

(読んでくれたみなさん、ありがとうございます
一番下の人気投票、あなたの好きなフリーキッカーは?もよろしくお願いします)
痛いヤツについてお話しましょう。
今日は昨日書いた「嫌われるヤツ」に続いて「痛いヤツ」について語っていきましょうか。

あ、ここで言う「イタいヤツ」っていうのは骨折とかして痛がってる人」ではもちろんなくて(みなさん分かってると思いますが)、「空気が読めずに空気を冷ましてしまうヤツ」のことですから。

じゃあ早速行きましょうかね。自分が考えるにもイタいヤツっていうのは2パターンあるんですよ。それは「周りを盛り上げる為に悪魔に魂を売っているような人」「自分が目立ちたいが為にうるさくするヤツ」。この二つに分類されると言っていいでしょう。

まあ前者はまだ自分は許してるんですよ。そういうヤツは、みんなで楽しくワイワイやろうぜっていう事で自分をあえて「イタいキャラ」にしていますから。(まあ発言がつまらないから「イタいヤツ」になってしまうのですが

ただ後者はねぇ、これはもう救いようのないアホですね。残念ながらこんな人には「笑いの神様」が降りてくることは一生無いでしょうね、きっと。
とりあえず、声を張り上げて自分をアピールしていけばなんとかなると思っている。でも学校って実力主義の世界ですし、そんなんで人気者になれるんだったらとっくにやってますって。(15歳になり早くも悟りを開きました!)

自分、今頭に想像してるヤツの後ろの席(なんて不運な)に座ってるんですが今まで「後ろからどついたろか!」、ってことがそれはもう何十回とありました。もうね、発言の節々に「目立ってやるぜ!」っていう魂胆がミエミエなんですよ。まあ悲しいかな、そいつはクラスのみんなに完全に「放置」されてますが…

自分はそいつと話をしたことが何度かあるんですが、「こんなにつまらんヤツはある意味貴重だな」って思いました。話にオチがないんです。話って徐々に膨らませといて、最後にそれを思いっきり割るのが基本じゃないですか。でもそいつは、膨らますだけで終わり。「エエーッ、それだけかい!」ですよね。

しかも、なぜか知れないけどそいつ自分で「俺はモテるはず」って思ってる節があるんですよ。「セイセイセイ(レイザーラモン風に)、あなたみたいな人に食いつく訳が無いじゃないですか~!」(ちなみにルックスはまあ普通ですよ)

もっと、トーク番組とかを見て早く自分にカルチャーショックを受けて欲しいですね。(まあナルシストってのは直しようが無いんですが

まあ今回のことをまとめると、そういう「イタいヤツ」には『放置プレイ』が一番ですな。(文字を濃くするほどいい言葉じゃないですが…)きのう、「やっぱ放置プレイが一番ですよねー」と時雨さんも言ってましたし。

それでは今日はこの辺で~

(読んでくれたみなさん、ありがとうございます。
一番下の人気投票、あなたの好きなフリーキッカーは?もよろしくお願いします。)
嫌われる人間って、ナニ?
今日はねー、ちょっと問題のあるタイトルなんですが人間としての「マナー」というか、どうやったら一緒に楽しめるのかっていうのを自分自身の見解で語っていきたいと思います。

じゃあ、まず自分の一番嫌いなタイプから言ってきますね。それは、「空気の読めない仕切りたがり屋」ですね、ハイ。

これはうざったいですよ。学校を挙げて行なうイベントには(文化祭とか、運動会とかです)、ほとんど絡んできますから。しかもそこでトップを取りたがる。まあ、図々しいヤツです。でも、こういうイベントって、トップを作らないでみんなが一列に並んだ方が絶対成功すると思うんですよ。(案の定こいつが絡んできたイベントは失敗やゴタゴタのオンパレードでした) 

ですから、これからの時代は今挙げたようなワンマンタイプではなく、飄々としたタイプが成功していく時代と断言しておきましょう。

事実、そうなんですから。文化祭でお世話になった先輩とかを見ても、絶対に飄々とした人のほうがやってて楽しい。仕事のやりがいがありますから。ワンマンタイプは、「あーしろこーしろ」とか言いますから、その場が冷めてしまうんです。

ちなみに自分は、「飄々としたタイプ」だと思います。

でも不思議と(?)、こういう人って上からの人のウケがいいんですよね。先生とかの立場から見れば、空回りしてるのにうまく仕切っていると思ってるんでしょうか。大人って、下の世界を見るのが下手なんでしょうか?
でも付け加えておくと、そんなヤツ、同級生からのウケ最悪ですよ。(笑)


それじゃ、今回はこの辺で~

(読んでくれたみなさん、ありがとうございます
一番下の人気投票、あなたの好きなフリーキッカーは?もよろしくお願いします。
雪が凄いです
こんにちわー 今日はね、関東地区でも朝から凄い量の雪が降りました。どうやら6年ぶりの積雪量らしいです。

そんで自分は「今日は休みになれー」と思いながら学校行きました。

それでね、やっぱり関東の人は雪に慣れてないから電車のダイヤが乱れるじゃないですか。そうするとまあ自然に遅刻が増えますよね。

でもね、またアホな奴が「学級閉鎖になんねーだろ」とか遅刻した奴に言うんですよ。「ハァ?」ですよね。普通に考えて途中から学級閉鎖になるなんてそうそうないことでしょう?それよりも「神様もっと雪降らせー」と祈る方がエエと思います。

しかもね、なにを思ったのか教室の窓を開け始めるんですよ。ホンマにね、人のことを考えないというか、そういう行動で笑いが取れると思ってる奴がいるのに怒りを感じずに入られません。(怒)

その窓を開けた奴が前にいたので、「ホント人のこと考えないバカだよな」とつぶやいてやりましたわ。

ま、今日は結局二時間目で打ち切りになったんですが。

北国の人たちを見て「雪は大変だなぁ」と思うと同時に「東京ってなんにもない無機質な所やなぁ」と思ってました。でももう、雪はいいです。

あとこれだけじゃなんかボリュームがないので、こないだ見た「アホなヤツ」についても書きます。

先日自分が学校に行こうとする途中、エスカレーター乗ってたんですよ。(学校の最寄駅の)

そしたらね、エスカレーター歩きながら携帯いじってたんですよ。まあ男子がことあるごとに携帯のメールチェックをしてたら自分は「フン。授業中にそうメールが来るわけないやろ。」と心の中で笑ってやりますがそいつはその比じゃないです。

そいつは携帯見ながら歩いてたから歩くスピード遅いじゃないですか。そんで後ろを見てみるともう大渋滞ですよ。

しかもその時間帯が結構朝の詰まってた時間だったので自分の中での「アホなヤツリスト」にしっかり加えさせていただきました。(同級生です)

その人とは話をしたことがないんですが、自分の友達からは「あいつウザいよ」と聞いていて、ああ、ホンマに人のことを考えてないなァ、としっかりデータを蓄積しましたワ。

まだまだ、人のことを考えないヤツが多すぎです(憤慨)

それでは、今日はこの辺で~

(読んでくれた皆さん、ありがとうございます
一番下の人気投票、本気勝負の時に使うクラブチームは?もよろしくお願いします)

p、s、 だんだん腹が立ってきましたワ

人にやさしく
最近周りの事をネタにしてることが多いなァ、と自分でもよく思います。でも案外こっちの方が面白いって思われてると思うんですがね…
(ブッチャけどうなんですかね?)

今日もね、体育があったんですよ。さすがに三日連続だと疲れますワ。しかも今日からマラソンが加わったり、筋力トレーニングが加わったりでムチャクチャ疲れました。

あと、今日始めて「足がつる」っていう感覚を味わいました。フトモモ裏がパンパンになって、なんか足が動かないような感覚でした。

しかもその後は、よりによって今日開いてたグラウンド広いでサッカーですしね。

ここでね、ちょっとまた気付いちゃいました。

体育の時間に思いっきり本気でサッカーしてるサッカー部です。別にやる気を出してやってくれるのはいいことなんですが、そいつらはどうやら上のレベルに合わせてプレーして欲しいようなんです。

でも普段足でボールを蹴ることを日常生活に組み入れてない一般人にとって、「スルーパスを出せ」だの、「もっと当たりに行け」だのとかは無理な話だと思いません?

あげくの果てには「お前もっとやる気を出せ」とか言い出しますし。

お前から見れば下手かもしれんけどこっちは足が重いのを我慢してやっとるんじゃボケーーーといつも心の中でキレてます。(でもケンカはしてないっすよ。俺キレさしたら大したもんですよ by小力)

そういう困った輩はね、もっと回りの目線を気にして「魅せるプレー」をして欲しいですね。「俺サッカー上手いぜ!」って一人で頑張ってんのはあまりにも子供だましだと思うんですが。

上手いやつがそのスポーツの魅力を伝えていくというのが大事な事だと自分は思ってます。

あとね、もう一つあります。

テストの成績表が帰ってきたときに「俺成績落ちたわー」って言うヤツがいるんですよ。で、他のヤツが「どれくらい?」って聞くじゃないですか。

するとそいつは、例えば百人中の成績だとしたら「三十番」くらいのいい成績だったと言うんですよ。

「お前な~、そんなこと言ってみんなの注目浴びて、結局は自分の成績自慢したかっただけなんとちゃうか?」とまたまた心でキレました。幸い自分はそいつより成績が良かったんですが、もし下だったら陰湿なイジメに発展したかもしれませんね。

やっぱねー、「心の謙虚さ」って大人になるにつれて大事になってくると自分は思います。(ココ、今日のポイントですよ!)

今日例に出したやつらはみんな上の立場からモノを言ってますから。

ちなみに言うと、自分はムッチャ謙虚な人間ですよ。テストの点が良かったからといって、自慢したことは1度もないと思います(素晴らしい人間性やなー
 自分で言うのもなんですが

ま、周りの人達がみんな「人にやさしい」人間になって欲しいですね。

それでもはまた心の中で「ボケー!」と叫びつづけるストレスの溜まる生活が続きそうです…

そんじゃ今日はこの辺で~

(読んでくれた皆さんありがとうございます
一番下の人気投票、本気勝負の時に使うクラブチームは?もよろしくお願いします!
    ↑
あと残り三十票近くです。お早めに!



チームのバランス
今日はこんなタイトルですが別にサッカーでもウイイレでもないです。実は今日学校で球技大会みたいなのがあって、サッカーをしたんですよ。

それで、やっぱり強いチームと弱いチームが出来るじゃないですか。でも今日気付いたのはサッカーっていうのは攻撃陣が凄すぎても成り立たないってことです。

自分はどちらかというと余り強くないチームだったんですが、わりと善戦することが出来ました。それは思うに他のみんな余り上手くないと自分で分かっているので、半分以上は守備をして、いくつものピンチを防げました。

そんで、隙を見て上手いやつが単独でカウンターをすればいいんですから。(他人まかせです、ハイ

逆にサッカー部の人とか上手い人達が集まったチームもあったんですが、ボロ勝ちしていたかというとむしろその逆で余り点が入らずに負けることが多かったと思います。

やっぱりね、自分に自信を持っているとどうしても前に行きたがるんで中盤に人が密集するんで逆にカウンターを受けたときに何も出来ないっていう現象が起きてました。

だから今日改めて感じたのはオレがオレがのチームよりもしっかり自分の役割を把握している集団の方が強いんじゃないかと。自分自身やっててなかなか楽しかったですし。

リアルサッカーでもFWやMFを乱獲しているレアル・マドリーは試合ごとの好不調の波が激しいですよね。

ま、短いですが今日はこんなとこかなァ…

それでは今日はこの辺で~

(読んでくれた皆さん、ありがとうございます
一番下の人気投票、本気勝負の時に使うクラブチームは?もよろしくお願いします)

今日は不運でした(怒)
こんちにわー。今日はね、電車の中でアホな奴を見つけたんで、そのことについて書いてみたいと思いますー。

自分が見つけたのは別に不良っぽい若者でもアホなガキでもありません。

帰りの電車の中でね、自分が乗った次の駅でおばあちゃんの四人組が乗ってきたんですよ。その人たちは別にバーゲン行って来たよ~、見たいな感じじゃなくて普通な人ですよ。自分はその人たちを見て、「あ、この人たちみたいな人だったら混んでる時席譲ってもエエわー」と思ったくらいですから。

でもこのバアさん達(ここで呼び方が変わります)、実はかなりの食わせモンでした。そいつらは電車に入ってくるなり、四人分の席を探し出し不運なことにも自分のすぐ横に座ってきました。

「ウワー、うっとおしい連中やな~」と思って音楽を聞こうとしたらバッグの中に今日に限ってMDが入ってない。不運ですね。

んでもって、その後はもう地獄でした。そのバアさん達は席に座るなりマシンガントークをフルボリュームで喋りやがって、寝ようにも寝れませんでした。

しかも始末の悪いことに、そいつらは四人で一つの話をするんじゃなくて、二人二人で喋るんですよ。その話二つがステレオで聞こえてきて、「なんでババアの不協和音聞かなあかんねん!」とキレそうになりました(周りの人も困ってましたし)

自分が考えるに、やつらは始末の悪い子供と一緒で、周りがとがめないのをいいことに、好き勝手にやってるんですよ。そういう子供は、自分が泣けば可愛いから許してくれると思ってるんですよ。(松っちゃんが言ってました)

そのババアも一緒で、自分が一番偉いと思ってるから周りのことを考えないんです。(憤慨)

まあそういうのは、周りのエネルギーある奴が罰してやればいいんですが、如何せん今日は勇者は出てきませんでした。(当たり前かな…

しかもよりによって自分の最寄駅で四人とも降りちゃったし。ホントに今日は自分のツキのなさを恨みました。

ま、そういう人達は電車を使うんじゃなくて徒歩で帰って欲しいです。

以上で、今日の記事を終了させてもらいます~

(読んでくれた皆さん、ありがとうございます
一番下の人気投票、本気勝負の時に使うクラブチームは?もよろしくお願いします。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。